昭和の松戸を歩く

1981年頃の松戸駅東口商店街について-旧金ケ作陣屋道

kanegasakuhonnjindo昭和の松戸を歩く
kanegasaku-jinyado
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1981年頃の松戸駅東口側商店・飲食店について

昭和の頃の松戸の商店を調べるシリーズです。今回の対象は松戸市役所の南側の岩瀬跨線橋の周りです。西口側からは旧金ケ作陣屋道として、岩瀬方面につながる道です。

1981年の東口側、岩瀬跨線橋付近の商店、飲食店、他をプロット

uMap(OpenStreetMapのマイマップ機能)に1981年頃の商店、飲食店、他についてのプロットしたものが下記です。もし昭和の頃の施設でこれを忘れているという場所がありましたらアドバイスお願いします。

画面いっぱいにご覧になりたい方フルスクリーン表示をクリックお願いします。

スポンサーリンク

根本東口側商店リスト 旧金ケ作陣屋道

根本東口側リスト 旧金ケ作陣屋道

  • 松戸大宝
  • 大橋屋
  • 飲食店の雑居建物
  • ひまわり
  • ジョニー洋服店
  • 養老乃瀧
  • 阿らヰ寿司
  • 焼肉福寿院
  • 戸張屋
  • たくぼ
  • マンマ
  • パパ
  • 中華きみ松
  • 旅館京葉荘
  • イマイカメラ・レコード
  • 小料理京
  • 鮒忠松戸東口店
  • コーヒードン
  • ラーメン富士
  • 山六商店
  • コーヒーK
  • 太閤
  • ヤマダ花店
  • 高崎魚店
  • 角田肉店
  • 石川薬局
  • 森谷米穀
  • 山田自転車
  • 銀寿し
  • クラブレイ
  • 栄久そば
  • 住吉書店
  • 新栄電気
  • 金太楼寿司
  • 栗原酒販店

この頃の商業施設で足りないものがありましたら、アドバイスお願いします。出来ましたらそれらの施設についてのエピソードもあれば非常にありがたいです。

スポンサーリンク

根本東口側商店リストの覚書

我が表の家の性格上、みなさんよくご存知の”T”については地図にはプロットしたが説明は書かない.

おおはし屋

以前ミスターTさんが松戸神社ベスト100の中で駄菓子屋として取り上げていたことがあった。ご意見箱に書いていただいた時は、私は知らない店だと思っていた。その後、ここの店主は私、と言うよりも私の父と接触のある人だった事が分かった。元々おおはし屋さんは青果業を営んでいた。息子さんは家業を引き継いでいくために、模索していたそうだ。

そこで、我が父が勤務していた日本橋八重洲にある会社”S”に入社したそうだ。松戸に住んでいたこともあり、その会社でどのような動き方をしていたのか、何故か我が母も知っていた。その後、息子さんは退社され、地図の位置におおはし屋を開業していた。そのおおはし屋が青果業だったのか、或いは駄菓子屋だったのか、それは詳しくは聞いていなかった。後日チャンスが有れば聞いてみたい。

ohashiya

味彩 2021年7月1日撮影

その後、時間は経過する。1996年頃、おおはし屋の家作に味彩(あじさい)という飲食店が出来た。ここはおおはし屋さんの店主が始めたお店だった。話は少し逸れるが、表の家を通して、松戸市民劇団の方々と交流を持つようになった。松戸市民劇団の講演会が八柱の劇舎で行われたので、見に行ったことがあった。ここにおおはし屋の店主夫妻が観劇に来て、知り合った。

どうやら、松戸市民劇団員のTさんが、近所の某企業に務める人で、良く昼ごはんを食べに来ていたそうだ。そんな話があり、それでは味彩に行ってみようかな・・・という事になった。あれは2010年前後だったと思う。そこで店主と話をしたら、前述の(父が勤務する会社に務めていた)話を聞き非常に驚いた訳だ。その後、何回か味彩に通った。

ただ、2013-2015年の間シンガポール勤務があり、味彩には行けなくなったが帰国後何度か通った。昨年2020年非常事態宣言が発令され、外食しない生活が続いた。同年9月頃、味彩の前を通ると店主に会った。「近いうちにやめます」という。普通の状況であれば、私もお店の廃業日まで通うのだが、流石にあの頃は(2021年7月現在も変わらないが)お店に通えなかった事が悔やまれる。味彩は2020年9月25日をもって閉店しました。

飲食店の雑居建物

fuji

富士(昭和45年4月15日小倉様撮影)

元々は、遊技場、富士或いは千松という店名だった。床は土間で、椅子がないお店だった。一回程度しか行かなかったが、後に廃業し、建物はそのままに飲食店がたくさん入った雑居建物になった。写真の左の方に富士という文字が見えるだろうか?この建物がその建物である。また、背景に見える赤い看板の塔の様なものは扇屋である。

ひまわり

入ったことは無い。どんなお店なのかも分からない。ただ、気がついた時は建設会社の現場事務所の様になっていたりした。

ジョニー洋品店

suits

suit いらすとやさんのイラスト

元々現在の商工会議所の横道を入った先にジョニー洋服店があった。水戸街道沿いにも店舗があったらしいが覚えていない。このジョニー洋服店は既製品背広(吊るし)がメインだった。松戸にまだ大型店舗が無い時代とはいうものの、いわゆる個人商店を超えた薄利多売の商売だったと思う。規模は中型以下で格安販売をモットーとし自社工場で生産をして販売をしていたらしい。西口時代、奥は工場だった。

商売上手ではなかったのか?

近所のお兄さんでFさんという人がいた。このFさんは短気で怖いところがあったが、気持ちは優しく本当によく可愛がってもらった。私の切手収集を突然豊かにしてくれたのもこのFさん。ある日、このFさんがジョニー洋服店から帰ってくるとプンプン憤慨している。相当失礼な事を言われたらしい。何を言われたのはここでは書かないが西口にあった頃のジョニーの販売員は商売上手ではなかったのかもしれない。或いは職人気質の人が多かったのかもしれない。

すでにこのジョニー洋服店は西口の上記の場所にはない。奥の工場はオンワードの縫製工場になったが、今は縫製工場は無い。後に、松戸市役所の坂を駅方面に下り、高架道路を越えたところにジョニービルがあり、一階がジョニー洋服店になった。私は就職する時ここで背広を買った。私の思い込みと違って比較的親切な店員だった。2012-13年頃ジョニービルは解体されて現在は存在していない。

養老乃瀧

草分け的なチェーン系だった。一度入ったことがあった。記憶があまり無い。

阿ら井寿司

1981年頃は、地図の位置だったが、後に篠崎ビルの中に移った。夜0時くらいから暖簾を出す寿司屋さんだった。その為、中々入る機会が無いままに閉店してしまった。その後、2006年に千葉大園芸学部の戸定祭に行った。目的はボランティアさんと園芸学部の学生さんとの交流会だった。そのボランティアさんの中にこの阿ら井寿司の店主が居た。意気投合した。

改めてこの人を見るとロックンローラーの様なサングラスをして背が高くカッコいい。服装も含め一般のおじさんの風体ではない。レイ・チャールズを彷彿とさせる雰囲気がある。かなり個性的な面白い人だったが良くしゃべる人だった。電話番号も聞いたがそれっきりになった。

焼肉福寿院、戸張屋、たくぼ、マンマ、パパ、中華きみ松、旅館京葉荘

これらについては全く分からない。もしご存知の方がいらっしゃいましたら、情報お願いします。

イマイカメラ・レコード

imai record

イマイレコードの跡地に出来たビル 2021年7月27日撮影

駅からは離れているが、度々通ったレコード屋さん。ここは後に建て替え、店名も変わり、レンタルビデオ屋さんになったと思うが、今は全く別の職種のお店。

小料理京、鮒忠松戸東口店、コーヒードン、ラーメン富士

この中で唯一鮒忠が著名なチェーン系なので、聞いたことがあるが、その他はよくわからない。なにか情報をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非アドバイスお願いします。

山六商店(2021年7月現在はヨシダ商店)

yoshida

山六ビル よしだ 2021年7月27日撮影

ここは正面の高崎魚店、角田肉店と共に小根本・岩瀬界隈の食材販売の一躍を担っていた店。山六さんは入ったことが無いが、基本的には八百屋だったと思う。

コーヒーK

Coffee K

コーヒーK 2021年7月27日撮影

ここは一度も入ったことが無い。市役所の坂を松戸駅側に降りきったあたりにある。木造2階建てで、隣が行政書士の事務所、右側がこのコーヒーKだった。記憶では少なくとも1990年代からあったと思う。隣が行政書士の事務所”K”があったので、まさか司法書士の先生が営業しているのかしら?とも思ったが全くの謎だった。

タクシーの運転手さんに「ここ、どんな店なの?」と聞いても、わからないようだった。2021年現在、隣の行政書士の事務所も看板が見えなく、営業は多分していないかもしれないし、このコーヒーKも廃墟のように見える。機会があったら大橋屋さんに聞いてみようかな?!2021年7月27日現在見ると写真のように雑草がのびのびと生えてしまっていますね。

太閤、ヤマダ花店

これらの店について、なにか情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非アドバイスお願いします。

高崎魚店, 角田肉店

yaoya-nikuya

高崎と角田
2008年7月20日撮影

すでに廃業後だと思うが、2008年7月20日に撮影した写真。二軒長屋になっていて、左が高崎魚店、右が角田肉店。我が母は、良く高崎魚点に買い物に来ていたらしい。もう、両店舗とも無い。現在ここは新しいマンションが建設されこの建物は現存しない。

石川薬局

ishikawa

石川薬局
2008年7月20日撮影

廃業されたか、どうかギリギリの頃だったと思う。一階は薬局だったが、二回はいしかわ美容室だった。同じ石川なので、経営者が一緒だったのだろうか?現在ここは新しいマンションが建設されこの建物は現存しない。

森谷米穀

moriya-rice

森谷米穀
2008年7月20日に撮影

子供の頃は森谷ストアーと呼んでいた記憶がある。米だけでなく、その他の食材も売っていたスーパー的なお店だったと思うが、記憶が曖昧。現在ここは新しいマンションが建設されこの建物は現存しない。

山田自転車

yamada

山田自転車
2008年7月20日撮影

左側のシャッターが山田自転車で、右側のシャッターが葵、或いはニュー葵のあった店舗。左側の山田自転車は私の自転車第一号を買ったお店。中古だったが、母が探してくれた記念すべきお店だった。当時どうやら、山田自転車の息子さんの自転車を息子さんに無断で我が母に売ってしまったらしく、息子さんがかなり文句を言っていたというエピソードを聞いたことが会った。

写真は2008年7月20日だが、山田自転車の跡にHopeという飲食店が出来ていた。トマトのおでんが自慢だったらしく、勧められ食べた。美味しかった。当時Hopeは根本交差点の中銀ビルの中にも出来ていた。看板のロゴが同じだったので姉妹店だったと思う。

銀寿し

子供の頃、出前というと銀寿しさんだった。非常に恰幅の良い人が出前で運んでいた。お店の中には入ったことが無いので、お店自体の記憶は無い。

クラブレイ

子供ながら謎の多い店舗だった。成人した頃には無かったお店だったと思う。後日、吉泉のご主人に伺ったら、着席すると5万円のお店だったと言われ、仰天した。すごいね!確か、私が小学生低学年の頃は折原氷業という氷屋さんだった場所だと思う。我が実家が出していたかき氷の氷はここの折原さんで買っていた。

栄久そば

eikyu

栄久ビル
2008年7月20日撮影

中華と日本蕎麦の両方出しているそば屋さんだった。確か松戸市観光協会も入っていたと思う。その関係だったか、おかめそばというメニューがあった記憶がある。我が尊敬する松戸観光大使のI女史の同級生が店主だった。栄久さんは2018年頃だったか、廃業されてしまって、今は栄久ビルではなくて、アセットビルという名前のビルになっている。残念である。

住吉書店

当時は書店は駅前ではなくて、少し離れたところにもよく見かけた。松北堂もそうだが、ここもその1つだと思う。ここは新書本を扱っていたが、昭和40年代前半くらいまでこの住吉書店の裏付近に住吉文庫という貸本屋があった。竹ケ花の我が実家からわざわざ住吉文庫に借りに行ったことがあった。住吉文庫の近くには埼玉屋豆腐店があり、店では買わなかったが、埼玉屋さんは豆腐売りとして自転車で竹ケ花まで来ていたので、良く買いに行かされた。

新栄電機

Kaden

Hannah EdgmanによるPixabayからの画像

新栄電機は1959年に葛飾区亀有で創業した家電量販店で、東京下町や松戸の常盤平にもあった。第一家庭電器と競って店舗展開をしていたイメージが強い。

金太楼寿司

金太楼さんは今でも健在である。我が実家の法事の時はよく使ったし、出前も取っていた。店に行くと若い店員さんの元気な「いらっしゃいませ」が印象的。季節になると上海蟹がカウンターに出てくるので、あれもいいよね・・・

10年くらい前に言っていた頃はAさんという人が責任者で居た。なんでも、東口店のここと、上本郷店、守谷店を見ていると言っていたっけ・・・また、沖縄出身の若い人が多くて、沖縄の事を話すのも好きですね!

栗原酒販店

岩瀬の酒屋さん、ここの社長さんは元気いっぱい。松戸観光協会の副会長で、しかも松戸美食倶楽部の会員でもあり、松戸の古い歴史のお話をよくご存知です。まつどまつりでも出店されていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました