昭和の松戸を歩く

松戸中通りの商店街の風景、松戸将棋クラブ、太公望、その他

鯉昭和の松戸を歩く
さかな
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中通りの風景

中通りの商店街

 

nakadori

中通の商店街 1970年頃

上の商店街地図は中通りの相模屋豆腐店さんから中部小学校付近までの商店について掲載しました。駅前通り近くに参りますと、開進やきとりなどもあるのですが、今回はここまでとします。また当時の中通りの風景をご覧になりたい方は 新太郎の写真作品展を御覧ください。このページの”記録としての写真のページ”というページがありますので、そちらを御覧ください。懐かしい水戸街道の写真もありますよ。これはサン理容室の先代の新太郎さんが撮影された写真だそうです。


 

中通りのお店いくつか

松戸駅前通りを境に北側に高砂通り、南側の千葉銀のある通りをふれあい通りと言うが、ふれあい通りを以前中通りと称した(2021年現在Google Mapを見ますと本町中通りと書かれています。名称変ったかな?)。中通りには焼き鳥の開進、松竹館(映画)、おせんべいのわたてつ、峰月、荒川電機、カメラのイマイなどがありさらに歩くと太公望があった。さらにその先には伊藤楽器、安藤豆腐店。

相模屋豆腐店:相模屋さんは健在です。ロカスポさんで、相模屋豆腐店さんのご紹介をしています。

中部小学校・中部小学校付属幼稚園:区画整理でこの地には後に伊勢丹が建設された。そして、中部小学校と中部小学校付属幼稚園は坂川向こうの現在の中央図書館付近に移転した。さらに時代を下り、現在はキテミテマツドになっています。

荒川電機:区画整理後には駅前通りにビルを建てて入っていらっしゃいました。2020年にはビルを解体されてます。その後どんな建物が建つのか気になるところです。

栗原医院:松戸駅東口に移動しましたね。

峰月:ほぼ同じ位置で、健在です。ご主人には時々ご挨拶いたします。峰月のホームページもあります。

八百七:上の地図のモンダ書店の所にお店を構え健在です。

安藤豆腐店(題目屋):は中部小学校が伊勢丹に代わる際に広い通りになったので、伊勢丹側に面して店舗を作りました。ご健在です。安藤豆腐店さんの豆腐は美味しくて、我が母も私もファンです。ロカスポ松戸市版で安藤豆腐店のご紹介をされています。明治25年創業だそうです。

伊藤楽器:20歳の頃ピアノを習いにいった事があります。今はキテミテマツド内に教室があり健在。中通の店舗は貸しビルの様です。伊藤楽器さんは松戸まつりの時には中通りや他でエレクトーンのデモ演奏を行いますね。

イマイカメラ:現在は貸しビルでジャズのコルコバードが入っています。

松戸将棋クラブ

太公望の裏付近に二軒長屋が点線で表示していますが、その付近に松戸将棋クラブがありました。我が同級生によれば、ここは神田鎮雄六段夫妻で運営されていたそうです。神田鎮雄さんは兵庫県西宮出身で、灘蓮照九段門下の棋士です。松戸にちなむ棋士がいた事になります。

父親は神田辰之助七段で、いわゆる”神田事件“の渦中にあった方(”神田事件“とは、実力名人戦を開始した1935年(昭和10年)に神田辰之助七段の八段昇段をめぐって日本将棋連盟(旧)が分裂した事件)。ここ松戸将棋クラブには葛飾区のお役人だったの関根茂八段もいらっしゃって、指導対局をしていたそうです。

神田鎮雄七段は灘蓮照九段門下と書きましたが、灘蓮照九段は神田辰之助門下です。つまり、お父さんが間接的な師匠だった事になります。棋士系統図をご参照下さい。

神田鎮雄棋士はその後、大分の温泉地で住んでいたが、1997年に他界されました。今の棋士の待遇は分かりませんが、当時の棋士は将棋の他に本業か副業が無いと生活も大変だった様です。


太公望

鯉

Image by Capri23auto from Pixabay

上のマップのピンク色の家作が太公望。太公望は鯉釣り専門の室内釣り堀。後に金魚を売るようになり、ペットショップも始めた。房総白浜出身で近所に住んでいたF氏が釣り好きで、度々私を太公望に連れて行ってくれた。

店内に入ると中央に腰高の縁を回した堀がある。この堀の周りに暇そうな大人が釣り糸を垂れる。堀を見ると濃紺の水が張ってあり少々薬臭い。水中は殆ど見えない。店で長さ六十センチ程度の専用の簡易竹竿を借りる。然し、私はそもそも飽きっぽい性格でこの地味な遊びを楽しむことが出来なかった。この堀には金魚も入っていた。鯉が本当にいるのかどうか疑わしいと思った事もあるが勿論大きな鯉を釣り上げる人もいた。

江戸川や坂川も近いので、川に釣りに行けば良いと思いがちだが、近所で手軽に三十分間釣りが出来るという便利さは捨てがたいかもしれない。坂川や江戸川に釣りに行くと半日から一日がかりになってしまう。釣り堀だったら重い荷物も要らないし、それが釣り堀の魅力であろう。今と違って娯楽の少なかった時代だ。この太公望は後に金魚屋さんやペットショップを経て駐車場に変わり、現在は再開発マンションがたち太公望は今は無き店となった。


太公望の二代目の方

2007年頃だったか”ルンルン”で、太公望の二代目の方(確か中村さん?いや山本さん?)とお話しする機会があった。お話の中心はやはり釣堀り太公望だ。鯉は何匹くらい放流していたのか、水の色の事など色々な疑問をぶつけてみた。二代目は「魚は一応放流していたが、えさをたんまり与えているからそう簡単には釣れないしくみになっていたのだよ」

なんて冗談まじりで気さくに話してくれた。

市川に通じる旧道の太公望

陣ヶ前から市川に通じる旧道に太公望という室内釣り堀があるが、あれは系列店だろうか?今度会ったら聞いてみたいが、ルンルン自体も無くなってしまった。ただ、その後のだぁなさんの”だぁなりずむ”さんブログの下記の記事で2010年6月6日に閉店したそうだ。

千葉県松戸市にある老舗の釣り堀「室内つり堀太公望」さんが2010年6月6日をもって閉店しました

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました