つれづれなお話

つれづれなお話つれづれなお話

2003年から始めた表の家において、”つれづれなるままに”は表の家における中心的なコンテンツだった。その後、表の家のスタイルの模索が始まり、紆余曲折があり、過去の投稿は消えた。しかし今読んでみても、ああ・・・と感慨深いものもある。これを抜粋で復活させ、内容をアップデートして再スタートさせたいと思う。

松戸行脚

金山神社と清水講-金山神社を支えた人々

金山神社は大変魅力のある場所で、奥が深く私の大好きな神社の一つです。その神社の魅力について独自の調査を行い、独断と偏見でこのページを作ってみました。もし間違っている部分等、ご意見、ご指摘がありましたらご一報いただけましたらありがたいです。
つれづれなお話

続:コンピューターとの出会い-インターネット編

コンピュータは素晴らしい進化を遂げてきた。とても追いつけるものとは思わないが、気がつくとドンドン変化、進化している。特に通信面では恐ろしいくらいの変化を遂げている。この回ではコンピュータ通信、インターネットについての経験や思ったことについて
つれづれなお話

コンピューターとの出会い

コンピュータは素晴らしい進化を遂げてきた。とても追いつけるものとは思わないが、気がつくとドンドン変化、進化している。子供の頃はコンピュータとは電子計算機だと思っていたが、用途が広がり、色々な分野で使われる。スマホ、自動車、家電、その他・・・
2021.11.23
つれづれなお話

上海で見つけたエビ料理、子供の頃松戸で捕まえたアレだった

上海のレストランで見つけた十三香清水龍蝦のポスター!これは何だ?と思って見たら、それはザリガニ料理だった。ザリガニは子供の頃のイメージがあり、いまだに触手が伸びませんが、実は非常に美味しいんだそうです。某有名野球選手も高級伊勢海老と間違えた
2021.11.16
つれづれなお話

ポケットベルから携帯電話、スマホへと随分変化したなあ・・・

ポケベルの時代は殆ど興味がなかった。あるのは知っていたが、買おうとまでは思わなかった。時代的にそれほど、コミュニケーションの必要性が今よりも無かったのか、大切にしていなかったのか、良くわからない。ただ、携帯電話が一般的になってきた頃飛びついた
2021.11.15
つれづれなお話

油条(ユウティァオ)の事

初めて油条を食べたのは神楽坂のバラエティスタンド食堂街(通称バラスタ)だった。その中の一軒に中華粥のお店が有り、入ったらハマった。店主曰く「この油条を入れて食べると美味しいですよ!」おお、そういうものか!と思い食べたものだ。私はリピーターに
2021.11.24
昔日の松戸

ジュークボックスの思い出-微巣登路@北松戸駅前

昭和の頃はよく見かけたジュークボックス、2021年現在は先ず見かけない。音楽を聞くにも便利な時代になった。だからジュークボックスは消えていったのかもしれない。昭和少年だった私には今でもあのメカニカルな動きから奏でるジュークボックスが好きだ。
2021.11.01
つれづれなお話

京団扇と江戸団扇

北部小に通う娘から「房州団扇が無いか?」と問われ、実家に置いてあった房州団扇を手渡した。この房州団扇は有数の産地である房州の女竹で作られ、先端を細かく割って骨にして作る。柄が丸いので両手のひらでくるくると回す。柄のあり方が京団扇と全く違う。
2021.11.04
つれづれなお話

電気製品への憧れを持っていた昭和の頃

小学生だった昭和の頃自宅にあった電化製品も今現在に比べれば貧弱だったが、それでもあるというだけで幸せだったように感じる。高校生の頃サンヨー電気のOttoを買って世界観が変わった。主に昭和の頃にあった、音響製品について、思い出し、書いてみたい
2021.11.08
つれづれなお話

英語を勉強したいと思った人に、御推薦したい本

英語の教則本をお探しのあなたに良い本があります。それは英語を話す外国人の為の日本語教則本です。私の場合は、Teach Yourself Booksの「Japanese(C.J.Dunn 及び S.Yanada著」でした。これを毎日勉強した。
2021.10.25
タイトルとURLをコピーしました