松戸市立第六中学校の今昔:昭和の頃上本郷駅近くにあった六中について現況と共に調べる

S50年頃松戸行脚
昭和50年頃の六中校舎 松戸市役所の市制施行40周年記念事業実行委員会が1984年に発行した「松戸市の歩み写真集」より転載

松戸市立第六中学校の今昔

松戸市立第六中学校がまだ、上本郷駅近くにあった頃を記録して、現在の松戸市立上本郷第二小学校に至るまでの色々を考えてみたい。

過去の空中写真と現在に近い空中写真でその違いを感じる

時系列的に我々が学んでいた頃に近い校舎の空中写真と現在の空中写真を比べます。

松戸市立第六中学校が新京成上本郷駅近くにあった1974-1978年ころの六中を中心にした空中写真(国土地理院)

現在の松戸市立上本郷第二小学校(元松戸市立第六中学校)を中心にした空中写真 Google Mapより

1974-78年の空中写真と現在の空中写真は何処が違うか

松戸市立第六中学校は私が通っていた昭和45年前後には、現在の松戸市立上本郷第二小学校の場所にありました。2004年頃にそっと現在の松戸市立上本郷第二小学校に行ってみたが、随分と様子が違っていた。これを国土地理院の航空写真と比較してみた。

1: JR東日本(国鉄)の社宅は当時も今も変わらない(六中の左方向にある四つの細長い団地)。

この国鉄の社宅に住んでいた同級生もいました。栄松寺のすぐ裏手です。木造家屋に住んでいた私には憧れがありました。

2: 六中ーJR社宅間を結ぶラインの北側は住宅がかなり増えている。その南側は依然として畑として残っている様子

東葛地域の総代社であった風早神社の斜面地から湧き出ている湧水池湧き出してくる宮ノ下湧水のある街区とさじきはら乳業 松戸中央宅配センターがある住宅街区は密度が埋まっている。

3: 六中の南側の住宅は昭和45年当時、すでに密集していた

この一帯は1950年に松戸市立農商高等学校の跡地を再開発し、住宅にした部分と思われる。この為、この地域の中でももっとも早く開発住宅化された場所という事であろう。後に農商高等学校の農業科は東葛高校に吸収、商業科は松戸市立松戸高校に吸収された。

4: 松戸いずみ幼稚園の街区の緑地と風早神社付近の森は現在の方が樹木が多い

昭和40年代は開発の時代だったのだろうか?むしろ、今より山の地肌が見えているように感じる。松戸いずみ幼稚園の街区の上には松戸レジャーランドが開発されていたので、緑地が少なくなっていたのかもしれない。

5: JR東日本社宅北側の南花島公園の周囲の住宅は現在かなり増えている。

南花島公園の周辺はスカスカ。我が同級生でプロレス大好き少年のYT君が住んでいたっけ・・・その後この近くにはスーパー”おっ母さん”や割烹料理屋さんもあった。それだけ需要があったのであろう。2021年現在はその両方とも無い。

6: 新京成電鉄の線路両側は現在の方が住宅が密集している。

新京成電鉄の走るエリアの両側は昭和40年代当時はスカスカだが、現在はかなり建設されている。

7: 昭和45年には六中校舎が南西方向に三つ旧校舎が並び、新校舎が加わっているが、現在は元あった新校舎の一つは残して、基本的に北西部で直線に並んでいる。

部分的には畑のままの所はあるが、全体としては住宅が密集してきた様に感じる。校舎の配置が変わり、旧校舎が配置されていた高台は削られ、校庭側の土地と同じ高さまで掘削されていた。この事から多分校庭は直線距離を確保できるように計画された。同時に校庭が細長くなったのではないだろうか?

校舎の歴史

我々が学んだ松戸市立第六中学校の校舎が建てられたのはいつか?

これは我々が上本郷駅近くの松戸市立第六中学校で学んだ頃の六中の校舎が新築された時の記事です。

昭和35年10月15日号 広報まつど 六中新築工事

昭和35年10月15日号 広報まつど 六中新築工事の記事より

松戸市役所の発行した広報まつど1960(昭和35)年10月15日号の記事にはこのように書かれている。写真は殆ど見えません。

仮校舎に専修高校を
新築中の第六中学校
第六中学校の校舎新築工事は九月から始まりました。来年の三月末には木造二階建、十八教室が新しく誕生することとなっています。
工事期間中は上本郷の専修大学松戸高校の一部施設を借りうけ、授業をしております。
八月中に行われた植木やその他の学校施設の移転には、三日間にわたる三百名ものPTAの奉仕があり、学校当局から感謝されています。
現在旧校舎は全部とり除かれ、その下の北方約四千坪が、新築される場所です。校舎の新築工事は二千三百万円、敷地工事は七百六十万円で、京成建設で工事します。
(写真は新川校地)

つまり、

  • 1960(昭和35)年9月:六中校舎の新築工事開始
  • 1961(昭和36)年3月末:竣工予定

という事になります。京成建設は京成電鉄グループで健在。

1972年当時の六中

S50年頃

松戸市役所の市制施行40周年記念事業実行委員会が1984年に発行した「松戸市の歩み写真集」より転載

この写真は当時の六中校舎の写真で松戸市役所の市制施行40周年記念事業実行委員会が1984年に発行した「松戸市の歩み写真集」より転載させていただいた。写真の様に六中の頃は木造の校舎が高さ5メートルほどの高台に三棟並んでいた。一番奥に講堂があり、犬走りで卓球部が素振りをしている姿が見られた。手前と二番目に教室があり、パンの売店は真ん中の校舎だった。

校長室や職員室は一番左の建物の一階正門側、体育準備室は同建物の校庭に近い方にあった。高台に下にバレーボールのコートがあり、表の家近所の松戸商事のお嬢さんが華麗に練習していた。又、生徒会長になった松尾君はこの校庭で選挙演説の時に「ベストよりベター」という名文句を残した。

校舎後方かなり先の方にあるビルは多分、阪田工務店の阪田マンションだと思う。

上本郷第二小学校に変わった後、この当時の木造の三棟校舎のあった高台は全部切り取られ、校庭と同じ地盤面の平地になってしまい、当時の面影は殆ど無い。辛うじて変わってなかったのは校庭向かいの斜面林。

現在の周辺状況

2003年の上本郷第二小学校(元第六中学校)の様子

上本郷第二小学校

上本郷第二小学校(元第六中学校)

松戸市上本郷の旧松戸市立第六中学校校庭に行った。現在ここは上本郷第二小学校になっている。六中が千駄堀に越した為だ。建物も校庭も当時とは異なっていてその面影は斜面林にしか見られない

文房具屋さんのナオミが無くなっていた

正門は一番左の校舎の妻面にあり、正門の外に「ナオミ」という文房具屋さんがあった。「ナオミ」では数枚単位で塩せんべいが買えた。紙の袋に入っていて枚数によって値段が違う。必要な分だけを手持ちのお金の範囲で買うことが出来た。買い物をすると「ナオミ」のサービス券をくれた。このサービス券は金券となり次の買い物で使うことが出来た。

その他同級生の安藤君の家で営業していた「安藤文具店」もすぐ近くにあった。安藤君は北部小学校5年生の頃転校してきた友人だ。小学生当時は同じクラスで、同じ六中に入学した。安藤君はとても優秀な人物だった。安藤文具店はその後廃業して、運営者が誰かは不明だが飲食店になっている。

本福寺方面に登る階段

 

中学生の頃、陸上部に所属しており、訓練の一環でこの階段を上り下りしながら、ウサギ跳びをやらされた(2005年撮影)。

これは本福寺方面に登る階段。昭和45年頃、松戸レジャーセンターと云うボーリング場がこの上にあった。現在ボーリング場は無い。

私が六中に通っていた当時の運動会風景

六中の運動会風景1971年撮影

正面は風早神社方面の森と高台。

正面は風早神社方面の森と高台。 正面に運動具を置いてあった倉庫が、その左はバスケットボールのコートが見える。 走り方が中々綺麗でよろしい。

正面の山は本福寺方面

正面の山は本福寺方面

フォークダンスにはドキドキした。右の方に私が撮っている。

フォークダンスにはドキドキした。右の方に私が撮っている。

 

中央男性は私。向かって私の右側は矢嶋君、左側は飯泉君

中央男性は私。向かって私の右側はKY君、左側はJI君

あとがき

2021年5月3日、この”松戸市立第六中学校の今昔”と内容がダブるところを無くすため、”昔日の松戸”の投稿記事である”89 松戸市立第六中学校校舎跡地-上本郷”を削除、この記事と合体、さらに写真を動的なデータに替えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました