昔日の松戸

シャンテリ・モンクトン・ペリカン(かつて松戸にあったケーキ屋さん)

ケーキ昔日の松戸
RitaEによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

松戸駅付近にあったケーキ屋さん

シャンテリ

月刊まつどNow広告より

何十年前の事だが、松戸駅東口にシャンテリとモンクトンの二つがあった。どちらのお店のだったか忘れたが、私はそこのサラバンというケーキが好きだった。ラム酒がかかってペチャペチャとしているんだが、それが何とも言えない。どちらかというとラム酒がしたたっている位の方が美味しいと思った。

モンクトン

月刊まつどNow広告より

この2店とも松戸駅近くには存在していないが、モンクトンのお嬢様には松戸市観光協会の催しでお会いした。結婚されご家族もある。同時に若い頃の夢だった”唄を歌う”つまりシンガーになって、主に松戸で開催される催しに積極的に登場されている。舞台映えするとても素敵な方だ。

ペリカン:上本郷駅近く

もう一つ、新京成上本郷駅前の下り坂を下りて、カジ坂に突き当たった辺りにペリカンというケーキ屋さんがあった。外観が白い雰囲気で、ガラスが多い建物だったような記憶があるが定かではない。一度入ったことがあったと思うのだが良く覚えていない。人に聞くとチョコレートケーキやミルフィーユが美味しかったと聞くが果たしてどうだったのか?覚えている人は居ないだろうか?

ペリカン広告・月刊まつどNowの広告より

ペリカン広告

月刊まつどNowの広告より

これは1975年頃の月刊まつどNowという地域情報誌に掲載されていた広告です。可愛らしい店員さんがいたんですね!

ペリカンのケーキ職人さん・ハッピー独身!(松戸ライフ1975年冬号より)

pelican

松戸ライフ 1975年冬号より

下記は松戸ライフに書かれていた記事です。ただし同誌には実名が書かれていましたが、イニシャルに替えさせていただきました。この人が優しいケーキ職人さんです。

ソフトな人柄、ケーキ屋さん。TAさん。
ソフトなムードで、女性客に評判のよい喫茶店”ペリカン”上本郷のチーフ。二十三歳で若いチーフになってから仕事一筋にかけてきて、ハット思ったら三十歳。そろそろお嫁さんを・・・と本人もやっとその気になってきた。TAさんは、パンと洋菓子づくりの職人さん。浅草三河屋で修行、(昭和)四十年義兄と一緒に松戸へ越してきたが、この道十五年間培った技量は、ケーキ好みのお客さんに高い評価を得ている。

一見、物腰が柔らかそうで、ソフトな人物という印象を与える。甘いケーキづくりのせいか、あるいは七人兄弟の中で、六人目の次男という女系家族で育ったせいかやさしく、おとなしい男性という感じ。ところが、彼の周囲の評価を総合すると、仕事にかける情熱と責任感は人一倍強く、チーフのキャリアの長さを手伝って、新の強さと頑固さは相当のものらしい。

夢であった<独立>が5年後に実現する。お嫁さんには<古風な女性で、心の広いひと>がお望みだという。印象とは逆に、意外と”亭主関白”がお望みかもしれない。水上(群馬県)で生まれ、育った。スキー場が家の近くだったため、スキーは超一流の腕前。お酒はあまりいけないほう。むしろ甘党。休みはレコードを聴くのが楽しみという模範的独身男性だ。南花島のアパートに住む。

身長165センチ、体重54キロ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました