松戸の工業地域と縫製工場「興洋」と縫製の内職`まとめ`と根本地区について

紳士服松戸行脚
tommy pixelによるPixabayからの画像

松戸の変革の時期

松戸宿、水運としてとして発展した松戸

松戸市は旧水戸街道の松戸宿として栄え、旧水戸街道沿いには本陣もあった。江戸に銚子沖の魚を通し馬で運べる、布佐-松戸間の鮮魚街道(なまかいどう)の拠点になった事から、水運で、松戸の産業が発達したと言える。ところが明治時代鉄路の発達で、水運業は終焉する事になる。その後の産業の発展は平潟集落の発展とともにいくつかの思考が考えられるが、松戸がもっとも変革したと言えるのは昭和30年代以降であろうと思う。

急激な人口の増加

つまり、松戸市は高度成長期を通して、都内に抱えきれなくなった都市部への人口流入の受け皿となった。私が生まれた昭和31年は人口7万人程度であったが、その後増え続け、2021年現在は約7倍の49万人前後の人口を抱える市になった。その急激な人口増加を支える為に、多くの農地や山林が宅地開発されていった。この様にした松戸市は戦後その様相をかえていった。

工業化に関して

昭和28年から昭和44年まで松戸市長を勤めていた石橋與一氏は、工業化を目指し、昭和35年を起点に昭和45年までの間に、北松戸工業団地、稔台工業団地、松飛台工業団地が相次いで建設された。ただし、その後それ以上の工業化は進まなかった

松戸市の都市計画図の変遷

上述したように、松戸市は北松戸工業団地、稔台工業団地、松飛台工業団地の3つが開発されたが、その一つである北松戸工業団地及び、根本付近の工業化について触れて行きたい。

松戸市都市計画図の変遷と新坂川以東の工業地帯について

松戸市の下記のページは過去の昭和30年から昭和54年までの、松戸市の都市計画図が見られる。少し重いかもしれませんが、ご興味がありましたらご参照ください。

これらの都市計画図の変遷を見て感じた特徴として、昭和30年代は常磐線から西側(江戸川側)、坂川まで約400mの帯状に工業地帯或いは準工業地帯が指定されている。この昭和30年代は工業地帯の西端道路から江戸川までの間は無指定のところが広がっていたが、昭和40年代以降はこの一帯が黄色、つまり住居地域が広がっている。

これは松戸市の衛星都市化政策で、工業地帯の東側の地域、即ち田畑が広がっていた地域を区画整理し、居住地にかえていった為であろう。又、興味深いのが、昭和45年まではヤマザキパン工場の南側、竹ケ花西町、北部小学校エリア、竹の根商店街など流山街道までのエリアは青色、つまり工業地帯或いは準工業地帯の色だったが、昭和48年以降は黄色に変わり住居地域になっている。

確かに竹ケ花西町も北部小学校の周りも基本的に住宅が多い。

松戸市の現在の都市計画図

松戸市のホームページに現在の松戸市都市計画図があるので、興味のある方は参照されたい。下記ヤサシティマップのトップページから都市計画情報に飛んでください。過去からの変化が良く分かります。

ヤサシティマップ 

根本の代表的な縫製工場

根本にあった縫製工場「興洋」と「金沢縫製」

さて、先述した都市計画図で青色から黄色にかわった地域、北部小学校の南側にあった二つの縫製工場の内、「興洋」の内職、「縫製のまとめ」について聞き取り調査し記録と残す事にした。昭和30年代の内職に「まとめ」と呼ばれた縫製の仕事があった。まとめとは紳士服、婦人服の仕上げ、最も繊細な場所について手縫いで最終的に仕上げる技術職である。

そでぐり、ほし入れ、あまぶた、カラクロース等々を次々に仕上げていく。「穴かがり」という作業もあるが、これは手縫いでは手間がかかり難しい作業のため、後に専門職として分離したり、機械縫いになった。

角町にある穴かがり工場
加賀穴かがり工業所

加賀穴かがり工業所

松戸市角町の三叉路を左の市川方面に向かい、ガソリンスタンド跡地付近を左に入ったところにある。

「興洋」や「金沢縫製」はどのような製品を扱っていたのか?

松戸市根本の雪印種苗付近に「興洋」という縫製工場があった。この縫製工場はオンワードやイマイ等大手の仕事を請負い、高級背広の縫製を行っていた。「興洋」の仕事の多くは例えば高級デパートなどで注文した高級オーダー物が多く、一部手縫いで後は機械縫いという様な仕事が大半になる。デパート→オンワード→興洋という様な経路で入り一着の洋服となってお客さんの手元にわたる。

これとは違い、竹ヶ花にあった「テーラーキワ」、松戸駅近くにあった「テーラーイワタ」等の小規模なテーラーにおいては作業の殆どが手縫いによって仕上がられる。

後に「興洋」のすぐ近くに「金沢縫製」という同様の縫製会社が出来た。「興洋」と「金沢縫製」とは高級品と普及品など扱う製品でうまく住み分けをしていたと聞いた。ただ、現在「興洋」の痕跡はなく、「金沢縫製」跡地場所には金沢マンションが建ち、金沢マンションの対面には茶色の三階建て鉄骨造のビルがあり「金沢縫製」らしき建物は今でもある。

また、街を歩いているといまだに金沢縫製の広告が見られたりする。

台風や洪水の時でも、締め切りに追われる作業

激しい雨

wileydocによるPixabayからの画像

「興洋」には既製服もオーダー服も両方入ってきたそうだ。「まとめ」を内職としている人は、縫製工場で仕事をもらうが、一日で仕上げられる自分の能力に見合った量だけを請け負う。品物が高級品だからかもしれないが、いつまでもその服を家に置きっぱなしには出来なかったそうだ。例えば今日分の仕事として受け取った「まとめ」は、必ず明日には仕上げて届けないといけない。

だから自分の出来るだけの量を持ち帰る。雨が降ろうが、雪が降ろうが、洪水になろうが、明日までと言われたら、明日までに仕上げないといけない。

狩野川台風で床上浸水した時もまとめの締め切りは守られた

早波船(さっぱせん)

早波船(さっぱせん)

昭和33年狩野川台風が上陸し日本各地で大きな被害をもたらした。Wikipediaによれば「特に伊豆半島狩野川流域での水害による被害が顕著であったことから、この名称が付けられた」と書かれている。その狩野川台風は松戸市にも被害を及ぼした。その狩野川台風の影響で、新坂川の根本西側地区が水害にあい「興洋」付近に徒歩でいけなくなった。

新坂川の東側(常磐線の線路側)は比較的標高が高く、西側よりも水害に遭いにくかった為、登校橋やさかね橋までは行く事が出来た。そこで上図の様な早波船(さっぱせん)或いは揚げ船が橋の処まで迎えに来て届けることが出来た。

内職のまとめ作業の報酬について

昭和31,32年頃の内職、まとめ作業の報酬

昭和31,32年頃のまとめ作業の報酬

一着のまとめ作業の報酬は昭和31,32年当時で30円/着。オプションとして襟裏カラクロース入りであれば+5円、ホシイレがあれば+20円となり合計55円になる。「まとめ」以外の当時の内職が銭単位だったのに比べ相当高額報酬が得られる内職だったそうだ。慣れれば一時間で一着出来るけれど、家事や子供の世話がクロスオーバーするとせいぜい一日二着が精一杯だったらしい。

参考:現在のまとめ作業の報酬相場

婦人服だがまとめ作業の報酬の現在の作業代金の相場があった。昭和31,32年と大して変わらないという事は相当相場が低いと思われる。少なくとも一着500円程度になるのだと思ったが、どうやら一着の服の代金そのものが低くなっている事があるのかもしれない。Web site ”ファイグー” 内職(手仕事)で人気のお仕事23選!仕事内容と報酬相場まとめ を参照しました。

  • 婦人服まとめ作業(単価45~50円)
  • かけはぎ(単価600~5,000円))
  • 刺繍(単価100~10,000円など)
  • 工業用ミシンの縫製(単価5円~2,500円)

補足としてかけはぎとは服に穴が開いたり、傷んだところを修理する作業で、傷の具体次第で作業単価も異なるのであろう。

服のサイズ

服のサイズについて

又、服のサイズでも作業の大変さが異なる。ご存知のようにA体、B体、AB体とある。

  • A体は縦にどれだけ長いか
  • B体は横にどのくらい広がっているか
  • AB体は縦横両方にどれだけ大きいか

という事がポイントになる。当時A3が一番小さかったのでA3の背広を受け取ると喜び、A7の背広が来ると料金は同じで苦労は倍ということになったそうだ。現在は、調べてみると体格によって横に大きい方用にO体, E体というのもあるようだ。

こぼれ話

注文服と既製服はどちらが気を使うでしょうか?

紳士服

tommy pixelによるPixabayからの画像

さて、この「まとめ」の仕事において既製服と注文服が来た時、果たしてどちらに気を使うかご存知でしょうか?注文服と思いがちだが、正解は既製服だそうです。何故なら、注文服は着る人が決まっているが、既製服は誰が着るのかわからない。したがって「興洋」から仕事をもらうときは「既製服だから気をつけて」と念を押されたそうだ。

ジャックセラー(雪村いずみの元ご主人)や若秩父の背広も

私がこのまとめについてインタビューした方は現在でも松戸でご健在だ。この方は雪村いずみと結婚したジャックセラーの背広を仕立てたことがあるとの事だった(女優の朝比奈マリアはジャックセラーと雪村いずみとの間の娘)。また、若秩父(当時お相撲さん/後に親方)の背広の時はとても大きくて苦労したそうだ。若秩父の背広の報酬は200円/着もらったそうだが、割が合わないとの事だった。

この「縫製の内職`まとめ`」は2006年に記録作成したページを、2009年4月再編集し内容を充実させ、再び2021年に大幅なレイアウト変更と共に内容の見直しをしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました