2004-12

中国のお話

8 ウン・ニー・イー・シャー!

広州東駅 広州―香港間往復は特急の直通電車を使う。地下鉄を除き広州の繁華街を中心には駅が二つある。広州駅及び広州東駅である。広州駅は古い駅舎で中国国内ローカル線の起点になっている。広州東駅は新しい駅で、国内ローカル線と共に香港との...
2021.03.09
中国のお話

22 中国の環境汚染

日本もまだ水質汚染なの? 環境対策が常識になった昨今、いまだにJFEが海洋汚染を繰り返していたというニュースや石原産業が土壌埋め戻し材の不正処理で六価クロムを廃棄していたりで唖然とするばかり。汚染ははっきりとした形で明らかにされないと危機...
2021.03.11
中国のお話

9 携帯電話GSM

携帯電話のお話(ガラケーの頃のお話) 日本は携帯電話の高機能化で百花繚乱、大流行。カメラ付きは当たり前、テレビ付きまで販売されている。ついつられてVodafoneのテレビ付き携帯電話を買ってしまったが後悔した。重くて大きい。テレビ...
2021.03.09
中国のお話

16 広州での勤務

他社の社内の人間関係 施主の事務所に三週間も居ると、人間関係を含めた事務所の内情が、いやがうえにも分かってしまう。近々に政府の要人も呼ぶセレモニーを控えていた事もあり、ただでも大きい声が一層大きくなる。セレモニーコンサルタントのK小姐は大...
2021.03.10
中国のお話

15 飲茶と広州

仕事をする周期 施主の事務所で作業していても大抵午後6時半頃には追い出されてしまう。昼間は集中して作業するが、残業までして仕事を進めたりしないらしい。どうしても本日中に作業が必要な場合ホテルに帰って残りの仕事をせざるを得ない。このパターン...
2021.03.10
中国のお話

14 中国の残業

中国のオフィスの残業って 私が長期滞在していた施主事務所、基本的に残業が驚くほど少ない。普段は大抵5時半頃にはみんな帰ってしまう。5時半が近づくと声がひときわ大きくなる。何を言っているのかさっぱり分からないが、トーンが大きくなっていくのが...
2021.03.10
中国のお話

7 お札、ババ抜き

切手の真贋の事 高価な切手を購入することが多いと偽造に対して敏感になる。その手口も勉強したのでだいたい知っているつもりだった。切手購入の際、じっくり状態を見るという行為が(たとえ見て分からなくても)偽造品を掴まされる可能性を低くす...
2021.03.09
中国のお話

6 猪と狗

湖南料理レストランで 広州滞在を始め2週間近く経った。東京から上司の剣道さんがセレモニー出席の為広州に入り、午後のセレモニーが開始する前の束の間、宿泊ホテルの湖南料理レストランに入った。セレモニー開始前にさっさと食事を終えなければならない...
2021.03.09
台湾話

報紙(パオツー)おじさん

総統府と新公園の近く懐寧街 台湾台北のプロジェクトを担当していた当時、我々の協力設計事務所は懐寧街という場所にあった。懐寧街は総統府、新公園の近く、台北駅から歩いて12分ほどの場所。日本統治時代、この懐寧街には日本人が大変多く住んでいた場...
2021.04.09
タイトルとURLをコピーしました