銭湯

昔日の松戸

148 夜泣きそば(チャルメラ)の話

少なくとも昭和50年代には松戸駅周辺には様々な屋台が来ていた。それはラーメン、おでんなどの屋台だった。何故か住宅街の竹ケ花地区にも夜鳴きそば(チャルメラ)が来ていた。松戸駅近で定期的に屋台村が出来ないものだろうか?酔いどれ祭りの様に・・・
2021.04.16
船橋ヘルスセンター

船橋ヘルスセンター絵葉書-その1

空から見た船橋ヘルスセンター全景:十二万坪の海辺に七千五百余坪の大温泉娯楽場 海の家と大海中プール 他に円型プール、淡水プールなど何れも完全濾過装置附干潮時にも海と丘とに親しめるよう人工砂浜も出来ました。なお海と遊園地とを結...
2021.04.10
船橋ヘルスセンター

船橋ヘルスセンター絵葉書-その2

船橋ヘルスセンター全景 これは前回掲載した「船橋ヘルスセンター絵葉書」の全景に比べ、若干施設が少ない。施設の右端に後に出来る円形建築物の大コマ館(男女大滝風呂、四百畳敷き大広間)がまだ出来ていないのがわかると思う。又、施設左端に赤...
2021.03.04
船橋ヘルスセンター

遊戯券-船橋ヘルスセンター

遊戯圏1 昭和37年4月 発行 ヘリコプターとメリーカップ(メリーゴーランド?)と同列というところが理解不能。このヘリコプターも単なる子供用の乗り物か?テルタワールとは果たしてなんだろうか? 遊戯券2 全部共通になって...
2021.04.10
船橋ヘルスセンター

セスナと潮時表-船橋ヘルスセンター

セスナ広告 船橋飛行場は1958(昭和33)年から1969(昭和44)年まで存在した飛行場。船橋飛行場の遊覧飛行機は高嶺の花でお一人千円の乗り物なんてとてもじゃないが乗れなかった。船橋飛行場の中央飛行機のセスナというとセスナ172...
2021.04.10
昔日の松戸

86 竹の湯と女湯

母が自宅でかき氷商売を始めて以降、私は一人で男湯に通わざるを得なくなった。小学四年生の頃、お店が休みの日に「たまには一緒にお風呂行く?」と母から誘われた。母と一緒に行くと言うことは女湯だが恥ずかしさなど全く感じる歳ではなく、断る理由...
2021.04.01
昔日の松戸

85 竹の湯と近所付き合い

銭湯での遊び 先述通り小学一年生から一人で銭湯に通わざるを得なくなった。「一人で通ってしっかり身体を洗ってエライね」……?いやいや、とんでもない。遊んでばかりいた。銭湯の遊びにはいくつかある。一つは潜水。 潜水 湯...
2021.04.01
昔日の松戸

84 消えた竹の湯

竹の湯の閉店 2005(平成十七)年八月三十一日付を以て竹の湯が閉店した。ほぼ四十五年間の営業だった。運営していたのは土肥さん一家で長男(以下土肥君)は私より一歳下、同じ北部小学校だったのでよく知っている。土肥君は当時まだ五年生だった。た...
2021.04.01
昔日の松戸

82 カキ氷の時代と缶ジュースの時代-竹ヶ花”やきそば○○○○”

「かき氷は缶ジュースの出現ではなく、冷房設備と冷蔵庫の出現によって衰退した」 今現在、松戸を歩いていて喉が渇けば、どんな場所でも缶ジュースの自動販売機が一つや二つ必ずある。或いはコンビニだってある。好きな時に好きなように飲み物を手...
2021.04.04
タイトルとURLをコピーしました