台湾

台湾話

地熱谷の温泉卵

20余年ぶりの地熱谷 20余年ぶりに台湾の新北投温泉の地熱谷を訪れた。これは草津温泉で言えば湯畑の様な場所。現在は公園然としていて、温水に近づくことが出来なくなったが、私が台湾に常駐していた1988年頃はお湯のある岩場まで降りるこ...
2021.04.09
台湾話

筆談をせずタクシーに乗るー台湾編

筆談も良いけれど 台湾など外地においてタクシーに乗るとき行き先を漢字で書いた紙を持っていると便利だ。ただ、私は中国語を勉強する身。多数の人が理解してくれる一般的な中国語を学びたいと思っていたので、なるべく中国語を話すように心がけた...
2021.04.10
台湾話

台湾の映画館

映画が始まる際に 台湾での滞在を始めた頃、日曜祭日は暇をもてあました。ゼネコンのK氏のお誘いで映画を見に行った。「インナースペース」だった。何といっても台湾だから字幕は中国語になる。英語を聞き取るしかない。然しこういうときの集中力...
2021.04.10
台湾話

タクシーと檳榔(台湾編)

台湾のタクシーはきれいになった 1999年8月頃お世話になった郭さんのご子息が結婚されるとのことでお祝いのため来台した。桃園空港からタクシーに乗り台北に向かった。ところがあまりに綺麗なタクシーなのに驚いた。10年前の1987~19...
2021.04.08
台湾話

報紙(パオツー)おじさん

総統府と新公園の近く懐寧街 台湾台北のプロジェクトを担当していた当時、我々の協力設計事務所は懐寧街という場所にあった。懐寧街は総統府、新公園の近く、台北駅から歩いて12分ほどの場所。日本統治時代、この懐寧街には日本人が大変多く住んでいた場...
2021.04.09
台湾話

日本人の中国語でいいんだよ

学生時代に習った中国語 学生時代に常磐平支所(だと思う)の会議室で無料の中国語講座があり通った事がある。そこで覚えた言葉は 「陈先生、在家吗(チェンシェンスン、ザイチャーマ?)」つまり、陳さんはご自宅に居ますか?の意味。初めての言葉なので...
2021.04.09
台湾話

代替の言葉、分かりやすい発音

分かりやすい発音 世の中に代替の発音、言葉というものがあるように感じる。我是日本人(私は日本人です)という言葉を台湾において、北京風で巻き舌音を使い正確に発音しようと思っても案外通じない。むしろウオースーズーペンレン!とズーズー弁...
2021.04.09
台湾話

海鮮汁ビーフンのお店、アイヤ~!びっくり!ー台湾編

海鮮汁ビーフンのお店 協力設計事務所があった懐寧街に良く通っていた食堂があった。人気メニューは海鮮汁ビーフン。中国語では海鮮湯米粉と言ったかな?ビーフンと言っても所謂細いビーフンではなく、3mm径くらいの太めのビーフン。細いホーと...
2021.04.09
台湾話

台北、牛丼の吉野家一号店(台湾編)

吉野家台湾一号店 台湾の廖建築師建築設計事務所では1987年頃(1988年だったかも)当時台湾に進出した牛丼の吉野家一号店の台湾側の設計監理を請け負っていた。そして竣工、オープンした。台湾初めての吉野家だお店の場所は台北新公園の博物館の近...
2021.04.07
台湾話

餃子は主食!おかずじゃないよ(台湾編)

台湾の康樂市場 写真中央の何となく斜めに区画されている不整合な一帯が康樂市場 台湾の林森北路の南京東路交差点付近に康樂市場というのがあった。今は区画整理されて公園のようになっていて昔の面影はない。ここは戦後大陸からきた外省人...
2021.04.07
タイトルとURLをコピーしました