動物

昔日の松戸

19 昭和の頃、子供にとって犬はやっぱり怖かった

昭和の頃、犬を家の中で飼うという話はあまり聞いたことがなかった。殆どの場合、外で犬を飼った。放し飼いにする人も少なくなかった。道を歩くとウロウロしている犬をよく見かけた。野犬と見分けがつかなかった。犬は特に群れて行動するので、怖いのだ。
2021.04.21
タイトルとURLをコピーしました