5 通勤電車で座って行くための簡単な方法: あなたも出来る「電車、座席のゲットの仕方」

混雑した駅電車よもやま話
Free-PhotosによるPixabayからの画像

混雑したプラットホームは誰でもいやですよね

通勤で松戸駅のプラットホームに立つ。ホームは人でごった返している。五分おきくらいに電車が入ってきて、到着→乗降→出発→到着→乗降→出発を繰り返す。沖縄や海外生活の経験がある身として、たくさんの人が右往左往する、あの激しい渦潮に巻き込まれていく状況というのは、まともな神経ではやっていられない。

だからと言ってタクシー通いという訳にも行かない。ただでもフラストレーションのたまりやすい電車、出来れば座っていきたい。その為には松戸駅発の電車に乗るか、綾瀬駅発の電車に乗るという事になる。駅始発の電車に乗車する場合、前列に並べば座れる確立も高いが後列では果たして座れるのかどうか心配。

常磐線各駅停車の車両の構造を熟知した上で座席に座りましょう

現在通勤に使っている千代田線の殆どは一車両54席のタイプ(上図参照)が多い。図のように端から片側3席、7席、7席、7席、3席となっている。(ただし綾瀬発に58席の車両もあり、この58席の車両の場合は端が4席で片側が4席、7席、7席、7席、4席となりこの話の対象から外す)

どういうケースで座れるのか?座席の間取り図を見て考えましょう

座席ゲット-1

座席ゲット-1

  • 前から4番目の列までに立てば確実に座れる

仮に上図の入口Bに立つとする。乗降客は三列縦隊で並び電車の入ってくるのを待つ。この入口Bから電車に乗り込んだ場合、最前列から4番目までに立つことが出来れば(3列*4=12人分)確実に座れる座席数は図中のピンク色の12席のはずだ。これは単純な算数で簡単。

  • 前から5番目以降に立った場合

上記のように4番目まで並べば何とか座れそうなのは分かったが、さて前から5番目以降に立った場合はどうなるか?上図を見てほしい。5番目以降の人々は結果的に上図のグレー色の席を狙う事になる。入口Bにとってこのグレー色の座席は4席ある。ただし、これらのグレー席を狙うのは入口Bに並んだ人だけではない。入口Aと入口Cから乗車した5番目以降の乗降客も狙う。となると折角残り4席あっても、実際は左右の入口A,Cと半々に分け合うため合計2席しか狙えない事になる。つまり前から5番目の列に立つとそれぞれの扉で必ず一人は脱落者が出ることになる。

  • 入口Bの4列目に立っても座席をゲット出来ない場合

「え?今まで4列目に立てば座れると言ったじゃないか!そんな筈無いだろう」と言う方!実はそういうケースもある。そのキーを握るのは中央の列に立つ人々の動向。縦三列で並んでいる場合、左端に並んでいる人はまず間違いなく左の方向に行くとする。同様に右端に並ぶ人は大抵右方向に行く。ところが中央の列に立つ人はあいまいです。綺麗に左右に分かれるかと思ったら、全員左、或いは全員右に行ってしまうこともある。左の列と中央の列が前から4番目まで全員が左に進んでしまうと合計で8人になる。ところが左にあるのは確実な6席+グレーの1席であり、合計7人なので一人だけ座れない人が出てしまう。

  • 入口Aに立った場合の検証

さて、仮に入口Aに立つとどうなるかと言えば、4列目までの人々が確実に乗れる12席は変わらない。問題は5番目以降に立った場合。入口Aにとってはグレーの席は2席しかない。この2席を入口Bから入る人々と分け合うと確率的に1席残るだけになる。つまり入口Aの前から5番目の列に立つと三人の内2人が脱落してしまう事になりる。という事は5列目以降に立つ場合、入口Aではなく入口B又はCの方が一席分有利である事は言うまでもない。この微かな確率の違いは席をゲットするために大事な判断材料となる。

  • やむを得ず5列目以降に立つ場合、何を考えるべきか?
  1. まず入口B又はCに立つこと。
  2. 中央列に立ち前の人の動きを注視すること

 

  • あなたがもし前から5番目に立つ事があるとすれば左右ではなく真ん中に立つこと

いざ電車に乗り込む時際、自分より前の真ん中に立つ人達がどちらの方向に行くのか落ち着いて観察する。自分より前に立っている人達が左方向に行くことが多ければあなたは右に行くべき。右が多ければ左に行くべき。ただし、前の四人が平均に左右に散ったとしたら残念ながら後は運任せになる

コメント

タイトルとURLをコピーしました