表の家

学童疎開と母




母は幼少の頃、江戸川区新小岩に住み第二松江小学校に通学をしていた。戦局もいよいよ押し迫り、空襲を逃れ昭和19年夏から学童疎開をすることになった。疎開先は山形県鶴岡市湯田川温泉たみや旅館だった。各地の小学校によって行き先はまちまちで、難しい時局がら、必ずしも物資が豊かとは限らず、疎開先によって生活条件に格差があったらしいが、少なくとも母が疎開したたみや旅館では大変お世話になったそうである。

さて、それから四十年後、竹ヶ花のリバブルマンションの友人S夫人から「三郷の花火を部屋から見ないか?」というお誘いがあり、母が伺ったそうだ。リバブルの上から見る花火の打ち上げ、それはそれは絶景で素晴らしかったそうだ。最後の方で仕掛け花火があり、煙がもくもくと立ち上がり空の底がアカネ色に染まった。母はこの仕掛け花火によって見た情景だけは、綺麗と即座に思えなかったらしい。

それは昭和20年3月9日夜から10日未明に掛けての東京大空襲の日(東京下町が攻撃された)、山形から東京方面を見ると深夜で暗い筈の空があたかも夕焼けの様に明るく見えたという。先生からは「敵機や空襲を見てはいけない」と教えられていたので怒られるのを覚悟で東京の空を見たそうだ。疎開先の子供たちみんなで「東京の家が燃えちゃう、私の家が燃えちゃう」と泣いたそうだ。その光景を思い出してしまい、にわかに綺麗だと思えなかったという。

その話をS夫人に話したところ、朝NHKラジオで学童疎開についての思い出を募集しているから応募してみないかと言われ、応募する気になったそうだ。NHKラジオ第一「今日も元気で」の“学童疎開の思い出”というコーナー。ただし、東京大空襲の日の事ではなく疎開先から帰る日の事を綴り応募した所、採用され平成元年8月19日放送された。


--------以下母の投稿--------


『♪長い月日を親切に、
お世話になってありがとう、
お陰で元気な私らは、
いよいよお家へ帰ります

♪あれは鳥海山ですよ、
金峰山はあれですよ、
そうだ去年の夏の日に、
僕らはみんなでやってきた、

♪汗でだくだく暑い日も、
屋根まで雪の積もる日も、
お湯に入ればみな元気、
なかよく勉強できました、

♪君は柿とり柿の木に
上からズドンと落ちたろう
僕らは田んぼのタニシ取り
ヒルにつかれて困ったよ

♪楽しい思い出どっさりと、
僕らはリュックにつめました、
お家へ帰って母さんに、
みんなお話するんです、

♪長い月日を親切に、
お世話になってありがとう、
ご恩は決して忘れません
みなさん元気でさようなら』


戦争が終わり山形県鶴岡市湯田川温泉から東京へ帰る日、
東京江戸川区第二松江小学校の音楽の先生が作ったこの歌を
村の方々の前で歌いました。

この歌を聴く限りでは寂しさや飢えひもじさ等、
感じられませんが私たち小学生には長い一年数ヶ月でありました。
国の命令とは言え学童を受け入れた旅館側も大変だったと思います。
60人からの学童が生活するのですから

私たちが東京に帰る頃には随分汚れてしまいました
然し先生に隠れ時々暖かい言葉やおやつを与えてくれ
面倒を見ていただきました
今更ながら感謝の気持ちでいっぱいです


--------母の投稿以上--------


私が大学生の頃、母とまだ中学生の妹を連れ、この湯田川温泉のたみや旅館に宿泊した事がある。和風の建物で料理も素晴らしく良い旅館だった。ああ、母はここに疎開していたのかと思うと感慨深い物があった。