表の家

つれづれなるままに1-5


5 キンモクセイ&ギンモクセい同時咲き−虎ノ門を歩く


例年、秋雨が降り肌寒くなるとキンモクセイが咲く。良い香りが漂うが大抵雨風で吹き飛ばされ花を
落としてしまうが今年は秋雨が長引かず花が残っている。松戸でも随分色々な場所で植えている。
根本の茶木さんの家、谷津医院、新東京病院、金山神社の先の住宅などなどこの季節になるとあ
の香りで近くで咲いているのが分かるほどだ。さて、写真は虎ノ門付近に植えてあったキンモクセイ
とギンモクセイだ。いつもこの季節にはキンモクセイが咲き、二ヶ月くらい後にギンモクセイが咲いて
いたが、何故か今年は同時に咲いていた。暖冬のせいだろうか?或いはそれほど珍しい事ではな
いのだろうか?

4 「あ!」何処かで見かけたことのある顔−タイ選挙ポスター


本年(平成二十年)二月会社の研修でタイのバンコック、チェンマイに行った際、見かけた選挙ポスター。「○○さんにに似ているなあ!」と思いついつい撮影してしまった。
その後あの○○さんはその後、△△選で当選して今や××××なんですが……
さて、誰に似ていると思いますか?

3 珍しい食材を頂いた

知人から珍しい食材を頂いた。さて、この花は何の花でしょうか?
ハイビスカス?いえいえ違います。
答えはオクラの花です。
以前はオクラはアオイ科ハイビスカス属と分類され、ハイビスカスと同属と考えられていたらしいが、ウィキペディアによれば最近はトロロアオイ属に分類されているらしい。トロロアオイを検索すると本当にそっくりの花だった。
さて、このオクラの花は食べられる。我が家ではお浸しにした。
オクラ同様とろみがある。モロヘイヤの様な感じ。普段食べられないものを頂いた(ただし、頂いたのは今年の九月十七日)。

2 ワナゲのイチジク(和名ヶ谷のイチジク)−松戸の果物


我が家にはいちじくの木が一本ある。実はこれは普通のイチジクではなく「ワナゲのイチジク」という。
どうやら亡き父が植えたらしい。母の話に寄れば「ワナゲ」とは松戸の訛りで和名ヶ谷(わながや)の事らしい。
写真を御覧頂きたいが色の悪い方が「ワナゲのイチジク」である。赤い方が普通のイチジクで季節になるとスーパーマーケットなどで並ぶタイプ。赤くて大きい方が一件美味しそうだが、さにあらず、色の悪い「ワナゲのイチジク」の方が甘みも濃く美味しい。見かけとは大違いで実に不思議・・・
この「ワナゲのイチジク」は旧水戸街道側の駐車場に植えてあり、実がなる頃は車が汚れて仕方ない。その為今年、大部分の枝を落としたが、それでも少しばかり実がなった。
「ワナゲのイチジク」は近所のSさんが狙っていて毎年楽しみにしているらしい。ただし、我が家には一言も断わらずいつの間にか奪っていく。そのあたりがあの人らしいく困ったものだが、ある日この「ワナゲのイチジク」で床が汚れた時掃除していると、物欲しそうに凝視されちょっと怖かった……

1 表の家再開

毎度お引き立て誠にありがとうございます。
表の家の全体と共につれづれなるままにも刷新します。
訂正箇所はページトップのご挨拶を御覧下さい。
過去のページの整理が大変なのですが仮オープンし細々とスタートします。