表の家

松戸行脚 平潟神社の不思議(方位について)


松戸駅西口を江戸川方面に歩き一平橋を渡り暫く歩くと江戸川の堤防の手前右側に平潟神社がある。この平潟
神社に何度か通ううちにある疑問を持った。
それは方位。
神社本殿は通常南又は東に向いているのが一般的だと思う。ところが在松戸の神社を調べると東が案外少なく、
南と西を結ぶ円弧方向に社殿が向いている場合が多いようだ。
松戸神社本殿、岩瀬の胡録神社、松戸新田の神明神社、栗山&小金上総町の日枝神社、樋野口&横須賀の女
体神社他は南西つまり裏鬼門に向いている。
その逆に紙敷の胡録神社、平潟の平潟神社は表鬼門である北東に向いている。六実の六実稲荷のように北向き
の本殿もある。

そこで北西、つまり表鬼門に向いている平潟神社にスポットを当てる。考えられる理由の内「これは?」と思われる
仮説について書いてみる。配置したのは何百年前の事であろうし、真実がどうなのかさっぱり分からないというの
が正直なところだが……


上図は天保国絵図、左図は武蔵国、中央に樋野口村が見える。右図は下総国側。松戸町、古ケ崎村、根本村、
竹ヶ花村は見えるが樋野口が無い。近代デジタルライブラリーより。

仮説:水難への封印では?平潟神社隣地の来迎寺は1609(慶長十四)年創建とされている。当時はまだ江戸川
が上図の青い点線を流れており左上の樋野口は埼玉側にあった。ここに平潟河岸と若干北東に本多河岸があっ
たと聞く。平潟神社は元々水神社として来迎寺の鎮守としてあった説がある(後に神仏分離以降平潟神社として
独立、それ以前は来迎寺の境内に水神社があったことになる)。
この水神社(現平潟神社)がいつ作られた物なのかは現在まだ調査中で分からないが、文化年間(1806〜17
年)幕府が製作した松戸宿の分間延絵図には来迎寺及び水神社の記述がある。
1688(元禄元)年7月江戸川が氾濫し樋野口の堤防が決壊したらしい。これに関わらず江戸川の水難は大変多
かったようだ。後の1716(享保元)年、江戸川直線化工事により平潟河岸・本田河岸が陸地内に入り河岸として
の役目を終わる。その後河岸は隣の新たな納屋河岸に移っていった。

          文化年間(1806〜17年)幕府が製作した松戸宿の分間延絵図

さて、ここで考えられる事は意識的な平潟神社社殿の方向付けである。北東つまり「表鬼門」の方向は旧江戸川
の水が流れてくる上流方向であり、災厄の多い上流方向にわざわざ向けたのではないか?と考えたわけだ。
水害が多かったこの地域、然し物流の中心であり経済的には豊かであったと考えられるこの地域に来迎寺が創
建され、その鎮守として水神社(現平潟神社)を建てて、しかも水難の発生する方向に向けて立てて封印していた
のではないだろうか?
と考えたわけだ。
となるとこの向きはこれは「魔除け」という事になる。

先述したように松戸のその他の神社に裏鬼門が依然として多い。南西は「台風のやってくる方向」、北東は「川の
氾濫の方向」とでもいう事だったのか……?どうもこの辺が良く分からない。
松井天山による松戸町

平潟神社祭神は水神様の「罔象波乃売命」(みづはのめのみこと)と言い伝えられる(或いは「水波之女命」という
書き方もある)。
佐藤忠徳著「古代日本人の方位信仰と神社」は奈良県の神社の方位他を非常に細かく調査した本。この中で水
神である「罔象波乃売命」(みづはのめのみこと)は奈良県では統計上南向きが多いらしい。
佐藤忠徳氏は「水の神である罔象波乃売命は山地谷合いの地に祀られていることが多く、その元宮と思われる丹
生川上神社は上中下社共に南西向きである。この南西向きに何らかの意味があるのではないかと考えている」
ただし、出雲大社のように神社本殿は南向きでも神座は西を向いている場合もある。
平潟神社の場合神座がどちらを向いているかは調査する必要があるだろう。

平潟については下記のページが詳しい:下総鮮魚街道

松戸平潟関連(その他)
平潟の事(司法会計研究所)
平潟神社案内マップ
新京成と平潟



この「平潟神社の不思議」は松戸行脚2005で作成し、2008年9月リメークした。