表の家

松戸行脚 松戸路地探検


松戸駅西口界隈の一画に区画整理以前から時間が止まったままになったような場所がある。松戸飲み屋街だ。マーケットという言い方もあるらしい。どんな場所なのか写真で簡単にご紹介したい。興味のある方は一度立ち寄ってみても良いかもしれない。何となく不思議な世界観に彷徨うことになる。

ここを歩くと店先というよりは裏方に入ったように気持ちになるが、軒と軒との距離が手を拡げれば届くような距離感であり、何とも不思議な感覚になる。

路地に入った正面にある居酒屋"福福"
福福さんも手頃な値段だね

路地の中から外を見るとこんな感じ

”綱ちゃん”
”綱ちゃん”店内
”綱ちゃん”店主
上は”綱ちゃん”間取り、奥行きは何処も大体同じで、幅だけが異なるようだ。

この店は間口が1.5間。

これは”たぬき”です。
”たぬき”の間取りです。少し広めですね。

若い人(女の子も)が結構集まるノグチ屋。店主が面白い。
”ノグチ屋”だけは二階の座敷を客席として使っている。
高砂通りに立ててあるノグチ屋さんの看板

共同トイレ:若い女性はちょっと入りにくいかも?エアゾールの臭いでいっぱい!

メインはカレーライスなんだけど、何故か夜は全くの居酒屋モードで結構賑わっている。

50過ぎの女性客でもギャル扱いだとの噂が・・・
ここは看板の無い中華居酒屋、手を挙げているのは店主の”I”さん
ニュー上州屋は古くからあるんだよね!私の小さい頃は乾物屋だったと思う。
松戸酒場はもう一軒、松戸酒場IIもあるよ。
高砂通り側はこんな場所。

高くふっかけられそうかと思いきや、案外そうでもない。

それにしても最近ご無沙汰している。



この「路地探検!」は松戸行脚2004で作成し、2008年9月、2011年9月リメークした。