表の家

松戸行脚 夜店が大変



松戸神社のお祭りに行った。私が子供の頃の松戸神社のお祭りはとても賑やかだった。焼きニシ貝売り、カルメ焼き、ハッカ、飴細工、お面等々・・・とにかくたくさんの夜店があった。ところがそんな子供の頃のイメージと違い現在の松戸神社のお祭りは随分寂しくなっている。露天商のおじさま達も元気がない。
何故だろう?と思いつつ写真を撮ってみた。



葛西屋の電照看板が雰囲気を醸し出す



お囃子

御神輿


松戸神社の神明鳥居。それにしても寂しい屋台。こんなに少なくて良いのだろうか?
鳥居から潜龍橋までの参道に夜店が三軒しかない。嘗ての松戸神社のお祭りではこんなに少なくなかった。参道の両側にびっしりと夜店が軒を並べていた。参道だけでは足らず旧水戸街道まで溢れて夜店が貼り付いていた。どうしてこのようになってしまったのか……


出店された夜店


チキンステーキ屋&じゃがバター屋子供の頃は無かった。現代的な業種という事か?じゃがバターが一個4〜500円らしい。夜店の金額としてはそんなものなのだろうか?

左の写真は潜龍橋から振り返った写真。右の写真は潜龍橋から境内を見た。参道よりは夜店が多いがやはり少ない!第一、人が少ない。

大判焼き、やきそば

にわか仕立ての金魚すくい

スーパーボールすくい
明治神社のお祭りでも見かけた

社務所の奥はもう少し賑やかだ

ダーツゲームは興味を惹いた。ダーツバーもあり、ゲームでも流行ったのでその延長か?
店主は「ここですよ!ここに投げれば最高点ですよ」、武者震いするお客さん!見ているこちらもドキドキ……3本或いは4本投げた合計点で商品がもらえるらしい。

バナナチョコレートを買う子供!店のおじさんと子供がジャンケンで勝負!おじさんに勝つと二個、負けると一個のバナナチョコがもらえるよ。
あ、こちらにも金魚すくいが!!潜龍橋の店は簡単店舗、こちらは垂れ幕もあって本格的な感じ!でも金魚まで立派かどうかは分からない。

アンズ飴屋さんは明治神社のアンズ飴屋さんと同じ。一本買って写真を撮らせて頂いた。
私はなんと言ってもスモモだよ!

秋葉神社、火にまつわる神様!

秋葉神社横の大木
絵馬とおみくじがたくさん

手水場

さあ、帰ろう!



この「夜店が大変!」は松戸行脚2004で作成し、2008年9月リメークした。