2004-10

松戸行脚

上本郷明治神社夜店

少なくて寂しいかな 三匹獅子舞を見た後、明治神社の夜店を見て回った。出店が思ったほど多くない。ただ、明治神社のお祭りは子供の頃に何度か訪れたが、夜店は大規模では無かったと思う。アンズ飴のおじさんと話したところ「最近は子供が少ないか...
2021.02.27
松戸行脚

三匹の獅子舞-明治神社(上本郷)

三匹の獅子舞-明治神社(上本郷) 平成十六年九月十日たまたま通りかかった明治神社で伝統芸能「三匹の獅子舞」に出遭った。これは関東地方を中心に分布する獅子舞。松戸では九月一日和名ヶ谷の日枝神社、十月九日(最近は第二日曜日らしい)上本郷の明治...
2021.02.27
松戸行脚

矢切神社祭礼-2004年10月16日の記録

矢切神社祭礼 松戸神社、明治神社でお会いしたアンズ飴屋さんによれば「今日、矢切神社でもお祭りやっているよ!射的も輪投げもある。行ってみたら?」との事、行かない手はない。早速、市川駅行き京成バスに乗り込んだ。 矢切神社祭礼屋台の風景 ...
2021.02.27
松戸行脚

夜店が大変-松戸神社2004年10月16日の記録

松戸神社夜店の現状 松戸神社のお祭りに行った。私が子供の頃の松戸神社のお祭りはとても賑やかだった。焼きニシ貝売り、カルメ焼き、ハッカ、飴細工、お面等々・・・とにかくたくさんの夜店があった。ところがそんな子供の頃のイメージと違い現在の松戸神...
2021.02.27
台湾話

台北、牛丼の吉野家一号店(台湾編)

吉野家台湾一号店 台湾の廖建築師建築設計事務所では1987年頃(1988年だったかも)当時台湾に進出した牛丼の吉野家一号店の台湾側の設計監理を請け負っていた。そして竣工、オープンした。台湾初めての吉野家だお店の場所は台北新公園の博物館の近...
2021.04.07
パソコンとネットのお話

コンピュートの出会いの頃-3

手書きで日影図を書いていた時代 ある年に、静岡の某都市にホテルを建設することになりました。私は日影図を毎日のように手書きで書いていました。使用したのは日影チャート図。扇状に線がたくさん描かれているものです。単純なマッチ箱のような建物でした...
2021.04.06
中国のお話

17 中華料理の歓待、日本と中国-1

広州滞在中、朝食以外は招かれて食事に行く事が多かった。ありがたいと思う。毎日豊富な中華料理にありつけるのだから……我々日本人だけで中華料理屋に行っても中々思い通りに注文が出来ない。中華系の人々がするような、適切な、そしてバランスのとれた注文...
2021.03.10
中国のお話

13 白粥と野菜、日常食

日常食は何なの? 私が広州を訪れると皆とても良くしてくれる。ありがた過ぎて恐縮する。短期出張であればありがたく頂戴するが、今回の出張は三週間だ。毎日のように豪華絢爛な食事をしていたが、三週間続けてそんな毎日を送れるはずがない。一週間後...
2021.03.17
中国のお話

12 八角と中国北方料理

本場の香り 香港で中華料理を食べるとあの中華独特の香りに接して「ああ、本場の味、香り」と思う。色々な味や香りが混じって独特の雰囲気を醸し出す。その香りの中で独特すぎて嫌悪感を感じる香りがある。それは「八角」。八角は中国の南部の産物で大...
2021.03.10
台湾話

餃子は主食!おかずじゃないよ(台湾編)

台湾の康樂市場 写真中央の何となく斜めに区画されている不整合な一帯が康樂市場 台湾の林森北路の南京東路交差点付近に康樂市場というのがあった。今は区画整理されて公園のようになっていて昔の面影はない。ここは戦後大陸からきた外省人...
2021.04.07
タイトルとURLをコピーしました