2003-11

昔日の松戸

31 松戸市立北部小学校の火事-根本

ショックだった北部小の火事 昭和四十二年十二月八日朝四時頃北部小学校が火事になった。(写真は広報まつどNo.218より転載)早朝、両親に起こされると部屋の南側に面した窓が真っ赤に見えた。まるで隣地が火事になったように明るかった。窓を開ける...
2021.03.28
昔日の松戸

30 ドジョウ刺しのお話-竹ヶ花字清水下

ドジョウ採り これは父から聞いた話。父が幼少の頃、つまり昭和十年前後、祖父と一緒にドジョウ刺しに行ったそうだ。ドジョウ刺しとはつまりドジョウ採り。場所は竹ヶ花字清水下の田圃。常磐線の線路から江戸川まで延々と田畑が続いていた。そして季節にな...
2021.03.28
昔日の松戸

29 大和屋菓子店-根本商店街

ペコちゃんの様なおばあちゃんのいた大和屋 長野輪業の先に大和屋菓子店があった。私の記憶では贈答用のお菓子の他パンを始め様々な食品を売っていたと思うが、よく覚えていない。店の全面にガラスのショーケースがあって、対面式で売っていた。可...
2021.03.28
昔日の松戸

28 保証牛乳と牛乳配達

牛乳は毎朝配達されていた 牛乳は新聞同様配達されるのが普通だった。牛乳販売の営業所に月契約で注文すると郵便ポストのような牛乳箱を木戸や玄関の横などに設置してくれる。朝、配達のお兄さんが自転車の後ろの木製ボトルコンテナに牛乳をたくさ...
2021.03.28
昔日の松戸

27 松戸製氷-本町

駅前にあった松戸製氷 松戸駅西口を降りて現在のアトレ(元ボックスヒル)沿いの道を柏方面に少し歩くと松戸製氷があった。松戸製氷は間口が広く、全体が冷凍倉庫のような造りになっていた。又、トラックが容易に着けられるように一段床があがった...
2021.03.28
昔日の松戸

26 秋本糸店-本町

秋本糸店のあった場所 秋本糸店は松戸駅前通りと旧水戸街道との交差点にあった。小学生として馴染みのある職種ではなかったが、ガラス越しに見える色とりどりのボタンが印象的で何となく眺めていたことがあった。今は大きなビルが建っていて秋本ビルになっ...
2021.03.28
昔日の松戸

25 アーバンヒル松戸-根本

黒川紀章先生の建築が松戸に出来た 1980年頃松戸市根本の現在のパークスカイタワー(マンション)の場所にアーバンヒル松戸というショッピング施設が出来た。設計はあの有名な黒川紀章氏。当時私は建築学科を卒業して間もない頃で、建築設計を...
2021.04.11
昔日の松戸

24 保養施設:ブーゲンビリアは何処に行った?

「東洋のハワイで遊ぼう!八丈島市民保養所オープン 待望の八丈島市民保養所“ブーゲンビリア”の第一期工事がこのほど完成、この五月十日に仮オープンします。八丈島は東洋のハワイともいわれ、四季を通じ太陽と緑がいっぱいの南国情緒豊かな夢の島です。...
2021.04.01
昔日の松戸

23 赤ちゃんコンクール-松戸保健所

どうして赤ちゃんコンクールというのがあったのかしら? 第一次ベビーブームの影響なのか或いは梓みちよの『こんにちわ赤ちゃん』のヒットの為なのか良く分からないが赤ちゃんコンクールというのがあった。広報まつどに写真のような広告が出ていた...
2021.03.28
昔日の松戸

22 松戸奈良屋-根本 市役所付近

松戸に大型店が出来始めた昭和40年代 昭和40年代は松戸の商業に変化が現れた。大型店舗の登場だ。扇屋、長崎屋、奈良屋等…竹ヶ花の自宅から最も近いところは奈良屋。奈良屋は千葉が本店では由緒正しいデパート。ただ、松戸店は千葉ほど規模は大きくな...
2021.03.28
タイトルとURLをコピーしました